育児と受験についてのブログですm(_ _)m by mama&mama

2018年11月2日金曜日

筑波大学附属駒場 中学受験 まとめ








偏差値 72(四谷大塚) 78(首都圏模試)


受験日 2月3日(一般入試) 定員 120名


所在地 〒 154-0001 東京都世田谷区池尻4-7-1


京王井の頭線 「駒場東大前」徒歩7分 東急「池尻大橋」徒歩15分


初年度納入金  約140,000円(目安として)



沿革・校風

 戦後の1947年に新設されて以降、徐々に進学実績を伸ばし始め、東京高等師範学校(現在の筑波大学)およびその附属校(現在の筑波大学附属中・高)関係者らが主として制度制定に関わった都立高等学校への学校群制度が継続導入された1970年代頃をエポックメーキングとして、卒業生の半数程度が東京大学に進学するようになった。 筑波大附属駒場 Wikipedia



 Twitter 

















 受験問題集 




筑波大学附属駒場中学 問題集 Rakuten


筑波大学附属駒場中学 問題集 Aamazon



 ま と め 




筑波大学附属駒場中学は、首都圏の中で最難関といわれる男子校です。


中学受験の募集定員は120名ですが、高校の募集が(定員40名)があります。


東大などの最難関国立大学などに、多数の合格者を出すことでも知られ、


卒業生160名のうち約2/3となる、毎年100名以上が東大に合格しています。


2018年、全国東大入学者数ランキングでは第2位(109名)です。




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ